現代版養生訓

2021年の現代版養生訓

1月

市立病院 乳腺内分泌外科 千野 辰徳 医師

他人事じゃない乳がん

先日、がんと診断さた人が10年後に生存している割合は、58・3%との報道がありました。この割合は年々増加しており、特に前立腺がんや乳がんはそれぞれ98・8%、86 ・8%とかなり高い割合です。一方で膵臓がんのように6・2%しかないものもあります。同じがんといっても種類によりこれほど違います。そう考えると、乳がんはそれほど恐れる必要のないがんと言えるかもしれません。

しかし、その乳がんでさえ進行した状態では、10年後に生存している割合は19・2%しかありません。つまり、早期発見できるかどうかが重要になります。では、どうしたらいいのでしょうか。
まずは自己検診です。乳がんは、早期発見して治療すれば完全に治せる可能性があります。しかも、自分で見つけることができる数少ないがんの一つです。月に1回でいいので、体を洗う際や入浴後に鏡の前で触ってチェックしてみてください。硬いしこりがある、乳房の形に変化がある、乳頭から分泌物が出ている、これらの症状ににもし心当たりがあれば、すぐに相談をしてください。
次に大事なのは乳がん検診です。乳がんは、女性がかかるがんの中で最も多いがんです。食生活の欧米化や妊娠・出産の減少の影響で年々増加傾向にあり、50年前は女性の50人に1人が乳がんになると言われていましたが、現在は9人に1人となりました。年代別で見ると、30歳代から徐々に増え始め、40歳代後半をピークに60歳代まで多い傾向があります。そこで40歳以上の方は少なくとも2年に1回は乳がん検診を受けましょう。前回と比較する事でわずかな変化に気付けます。今日から自己検診、今年から乳がん検診を受診しましょう。

 

2月

市立病院 心臓血管外科 髙橋 耕平 医師

おなかのドキドキにご用心大動脈瘤とその治療のお話

皆さんは「大動脈」という言葉を聞いたことはありますか?「日本の大動脈」などはよく使われる言い回しですが、日常生活の中では本物の大動脈を意識するようなことはほとんどないかもしれません。 
大動脈とは、心臓から体中に血液を送る文字通り「大きな動脈」です。心臓から出て胸やおなかまで通っており、太さは心臓から出てすぐの場所では3センチメートル近くもあります。
一分間に3〜5リットルもの血液を送っており、ここには血圧がかかっているため、穴が開いてしまうと天井まで血液が吹き上がります。当然破れたりすれば命に関わる大ごとです。この大動脈が動脈硬化などが原因で膨らんでしまう病気を「大動脈瘤」と言います。高齢の方に多い病気で、自覚症状がほとんどなく進行するため、人間ドックやほかの科の検査で偶然見つかる方が多いです。声がしゃがれたり、おなかのドキドキする塊に気付かれたりして来院する方もいらっしゃいます。
大きくなると破裂の危険が高まってきます。できた場所、形にもよりますが5〜6センチメートルを超えてくると1年間に破裂する確率が約7%と言われています。これくらいになると治療を考慮します。
治療は薬がないため、手術を行います。胸やおなかを開けて人工血管に取り換える従来の開胸開腹手術か、当院でも平成29年に導入した負担の少ないステントグラフト治療を選択することになります。どちらの治療を選ぶかは詳細な検査と、治療の利点、欠点を理解していただき、よく相談することが必要です。大動脈に関する心配事がある方は心臓血管外科医にご相談ください。