臨床工学科

基本理念/方針

院内にはさまざまな高度医療機器が設置されており、臨床工学技士が多くの分野で活躍しています。臨床業務や医療機器保守点検業務以外にも臨床工学技士として、医療安全推進委員会・医療機器適正使用推進委員会・呼吸ケア委員会・院内感染防止対策委員会にも所属しています。

現在、臨床工学技士は9名が勤務しており透析分野に5名、手術室・一般病棟全般に4名が配属されています。各分野で透析技術認定士・体外循環技術認定士・高気圧酸素療法認定士・呼吸療法認定士などの資格を取得し業務に励んでいます。

臨床工学技士は通常勤務のほかにオンコール(待機勤務)があり、365日24時間体制で緊急時の対応をしています。

業務の内容

臨床にて医療機器の操作を行う業務です。手術室・病棟・腎センター・救命救急センター・ICU・外来など幅広い部署で業務を行っています。

血液浄化業務

手術目的での来院患者、新規導入患者、救急搬送患者に対する血液浄化療法を行うことが多いのが特徴です。

  • HD
  • on-lineHDF
  • CHDF
  • PMX
  • 腹水ろ過濃縮 等

手術室業務

手術室で使用される医療機器は数多く存在し、機器の更新や新規導入のタイミングで携わる業務も年々増加してきています。

  • 人工心肺装置
  • 自己血回収装置
  • 腹腔鏡装置
  • ナビゲーション装置
  • 神経刺激モニタ
  • ラジオ波照射装置
  • 眼科顕微鏡
  • 電気メス定期点検
  • 機器のトラブル時の対応

血管撮影室業務

血管造影室では冠動脈疾患の検査や治療の際に医師、看護師をはじめ多職種と連携して業務を行っています。

  • 心カテ時の物品展開、記録
  • IVUS(血管内超音波)操作
  • 冠動脈血流量評価(FFR、iFR)
  • 補助循環装置操作(IABP、PCPS)
  • ペースメーカー等の植込みデバイス業務
  • アブレーション業務(ポリグラフ操作)
  • シャントPTA 等

救急・ICU業務

院内でも特に高度な医療機器を使用している部署になり、生命維持管理装置のセッティング、操作、使用中の点検等を行っています。緊急時の対応が求められる分野であり、迅速に対応ができるように心掛けています。

  • 急性血液浄化
  • 人工呼吸器
  • 補助循環(IABP、PCPS)
  • 低体温療法 等

病棟・外来・遠隔業務

生命維持管理装置が適正に使用されているかのラウンドチェックを毎日行っています。また最近では患者さんが自宅に居ながら、使用している医療機器が適切に動作しているかをモニタリングできるようなシステムがあり、それらのチェックを行っています。その他にも在宅で使用する輸液ポンプ、ペースメーカー等の植え込み型デバイスの患者説明、指導も開始しています。

  • 生命維持管理装置の使用中点検
  • 病棟心電図モニタラウンド
  • ペースメーカーチェック
  • ペースメーカー遠隔モニタリング
  • 在宅CPAP遠隔モニタリング
  • 高気圧酸素治療
  • 超音波骨折治療器導入説明
  • 脳深部刺激装置チェック 等

医療機器管理業務

人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプ、下肢加圧装置、低圧持続吸引器、エアーマット、保育器などを中央管理し1患者1使用につき医療機器管理室へ返却をしてもらい、清掃・点検・整備後に貸し出しを行うようにしています。これらの医療機器は全て機器管理システムに登録して管理をしており、登録台数は2,500台を超えています。これらの機器は貸出し返却をシステムで行うことで、どこの部署で使用されているかを把握することが可能となっています。

院内には様々な医療機器がありますが、いつどのような場面でもその性能を発揮できるように、日頃から管理・保守点検をしておくことが重要だと考えています。また特に生命維持管理装置の使用中には適正に使用されているかの点検を行うこと、使用後には次回の使用の際に問題なく使用ができるようにすることを心掛けています。