臨床工学科

基本理念/方針

院内にはさまざまな高度医療機器が設置されており、臨床工学技士が多くの分野で活躍しています。臨床業務や医療機器保守点検業務以外にも臨床工学技士として、医療安全推進委員会・医療機器適正使用推進委員会・呼吸ケア委員会・院内感染防止対策委員会にも所属しています。

現在、臨床工学技士は9名が勤務しており透析分野に5名、手術室・一般病棟全般に4名が配属されています。各分野で透析技術認定士・体外循環技術認定士・高気圧酸素療法認定士・呼吸療法認定士などの資格を取得し業務に励んでいます。

臨床工学技士は通常勤務のほかにオンコール(待機勤務)があり、365日24時間体制で緊急時の対応をしています。

業務の内容

臨床にて医療機器の操作を行う業務です。手術室・病棟・腎センター・救命救急センター・ICU・外来など幅広い部署で業務を行っています。

主な臨床業務

  • 血液透析(HD、HDF、CHDFなど)
  • 特殊血液浄化療法(血液吸着療法、血漿交換療法、腹水ろ過濃縮再静注法など)
  • 人工心肺装置操作
  • 人工呼吸器操作
  • IABP、PCPS操作
  • 高気圧酸素療法
  • ペースメーカ、ICD、CRT-D植込み術時のプログラマ操作
  • 植込み型ペースメーカの外来フォローアップ
  • ナビゲーションシステム操作
  • ラジオ波照射装置操作
  • 心臓血管カテーテル業務  など

医療機器メンテナンス業務

院内には約2,100台の機器が臨床工学科管理機器として登録されています。これらの機器はME機器管理システムによって全て管理されています。医療機器を現場で安全に使用できるよう臨床工学技士が定期的に保守点検しています。
主に登録されている機器と点検内容を紹介します。

ME管理医療機器

  • 透析装置
  • 人工心肺装置
  • 人工呼吸器
  • IABP装置
  • PCPS装置
  • 輸液ポンプ
  • シリンジポンプ
  • 保育器
  • 生体情報モニタ(セントラルモニタ、ベッドサイドモニタ)
  • 体外式ペースメーカ
  • 高気圧酸素療法装置
  • 除細動器、AED
  • エアーマット
  • 下肢加圧装置
  • 電気メス  など

使用前点検

医療機器を使用する前に安全に使用できる状態であるかの点検を行います。外観の破損や汚れの有無、設定通り正常に動作をするかなどを点検シートに沿って点検しています。この点検を終えた医療機器のみ各病棟へ貸し出され臨床で使用しています。

使用中点検

患者様に使用されている医療機器が設定通り正常に動作しているか、アラーム設定は明らかに異常な設定になっていないか、患者様の状態に異常はないかなどを院内のラウンドにてチェックしています。

使用後点検

使用後返却された機器に破損や汚れがないか確認し、機器の清掃や点検シートに沿った点検を行っています。点検記録は全てME機器管理システムに入力しています。

週間・定期点検

毎週または毎月ごとに医療機器の動作点検を行っています。普段行う点検より詳細な点検を行い安全に使用できる機器として維持します。

修理・新規購入手続き

医療機器が故障した場合は可能であれば修理し、必要に応じて追加・新規購入手続きを行います。点検・修理・購入の記録はすべてME機器管理システムに登録しています。