現代版養生訓

2020年の現代版養生訓

1月

市立病院 歯科口腔外科 久保紀莉子 医師

歯周病と糖尿病

歯周病は、食生活や喫煙などと密接な関わりのある歯科口腔領域の代表的な生活習慣病です。原因となる歯周病原菌の感染により、歯茎の腫れや出血を生じ、重度になると歯を支えている骨を溶かして歯を動揺させ、さらに脱落させてしまう炎症性疾患です。近年、この歯周病と糖尿病が密接に関連していることが明らかになってきました。そのメカニズムとして、歯周病原菌から出される内毒素が、歯茎から血管内へ入り込み、体の中で作用することで、血糖値を下げる働きを持つホルモンであるインスリンを作りにくくする(インスリン抵抗性)ことが分かっています。

また、慢性炎症である歯周炎が存在することにより、血糖値は上昇し、糖尿病のコントロールをますます困難にし、同時に歯周炎も進行していくという悪循環に陥ります。しかし言い換えれば、歯周炎の治療を適切に行うことで、糖尿病の症状をより容易に改善させることができる可能性があります。歯周病は、歯と歯茎の間の歯周ポケットの深さを測るほか、レントゲンで歯を支える骨の吸収程度を確認して進行度を評価したうえで、歯石取りやクリーニング、歯周外科手術、重度歯周病の歯を抜歯するなどして治療します。そして、治療後も定期的に歯科医院で検診やクリーニングを受けることが重要です。

歯周病の簡単なセルフチェック項目として、ブラッシング時の歯肉からの出血、歯の動揺、口臭、歯茎の腫れなどが挙げられます。当てはまる項目が一つでもある方は、ぜひ一度歯科医院で歯周病の検査を受けることをお勧めします。また、糖尿病のある方もない方も、一度ご自身の口腔状態を見直してみましょう。