現代版養生訓

2019年の現代版養生訓

1月

市立病院 心臓血管外科 月岡勝晶 医師

座っている時間が長い人は、早死に?

最近、こんな記事を目にしました。なんでも、アメリカで13万人の人を20年間追跡した調査で、1日の余暇を6時間以上座って過ごす人は、3時間以内の人に比べ早期死亡の危険が19%増すというのです。

実は、イギリスでは2011年に世界に先駆け、「座りすぎガイドライン」と題し、1日の就業時間中2時間(理想は4時間)は座る時間を減らすように呼びかけていました。また、オーストラリアでも同様の研究結果が発表され、1日8〜11時間座っている人で15%、11時間以上座っている人で40%の総死亡リスクの増加があるそうです。しかもこのリスクは、WHO(世界保健機関)が推奨する日々の運動をしても消えないとのことで、運動しているから1日座りっぱなしでも大丈夫ということは決してないとのことです。

座り過ぎが関与する病気としては、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、はてはアルツハイマー病や自殺まで多岐にわたるそうです。これまで、これらの病気に対し、日頃の注意事項として、たばこやお酒を控え、魚や野菜を食べて、運動しましょうとよくいわれていましたが、これからは、とにかく座り過ぎに注意しましょう、といわれるのでしょうか。

シドニー大学の研究では、日本人の平均座位時間は7時間と、残念ながら対象20カ国の中で最も長かったそうです。ただ、いま私たちの中で、急に座る時間を減らすのは難しい方もおられるでしょう。そんな方には、先の研究では、30分から1時間に1回は、3分ほど歩き回るといいそうです。ちょっとした日々の気晴らしが、実は健康寿命にとって大事なことなのかもしれません。

2月

市立病院 脳血管内治療科 木内貴史 医師

脳梗塞で寝たきりにならないために

日本における寝たきりの原因第1位は脳卒中です。脳卒中とは、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称で、脳卒中の7割以上を脳梗塞が占めています。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まり、その先の脳が壊死してしまう病気です。原因は大きく分けて2つあり、一つは動脈硬化によって脳の血管が詰まってしまうもの(ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞)、もう一つは心臓などから血栓が飛んできて脳の血管に詰まってしまうもの(脳塞栓症)です。そのうち脳塞栓症は重症であることが多く、大きな血栓が詰まると突然重度の半身まひと言語障害が出現し、救急車で運ばれることになります。

従来は血栓が詰まったまま脳梗塞が完成して寝たきりになってしまうことが多かったのですが、ここ数年でステント型や吸引型の血栓回収機が日本で使えるようになり、多くの患者さんを救うことができるようになってきました。血栓をほとんど、または全て回収できるのが8割から9割くらい、そのうち自立した生活ができるレベルまで回復できるのが3割から5割くらいです。これは血栓を溶かす薬単独で治療した場合よりも2倍近い成績です。この治療は、「血管が詰まってから脳細胞が死んでしまうまでにどれだけ早く詰まりを取れるか」が一番の肝であり、早ければ早いほど回復する可能性が高くなります。もし自分の家族が目の前で半身まひ、言葉がおかしいといった症状が出たら、迷わずに救急車を呼んでください。迷っている10分20分が運命の分かれ目になるかもしれません。

3月

市立病院 乳腺内分泌外科 清水忠史 医師

乳がんの治療

日本において乳がんは、患者数、死亡数共に年々増加傾向にあり、女性がかかるがんの第1位が乳がんです。がん治療の中でも乳がんの治療はとても重要です。

乳がんは、手術、放射線療法、内分泌療法、化学療法を組み合わせて治療します。

手術は、乳房全切除と部分切除のどちらかを選択します。全切除は、乳頭や乳輪も含めて乳房をすべて切除する手術です。対して部分切除は、腫瘍とその周囲の乳房を部分的に切除して、残りの乳房は温存する手術です。乳頭や乳輪も温存できますが、術後に放射線療法を組み合わせます。

内分泌療法と化学療法は、乳がんの転移再発を治療または予防する全身治療として行われます。通常は手術の後に行いますが、現在では手術の負担を減らす目的で、手術の前に行う患者さんも増えています。

内分泌療法は、乳がんの発育の原因となり得る女性ホルモンを抑える治療で、比較的負担が少ない治療です。

化学療法(抗がん剤)は、がん細胞を攻撃する薬を使用するため、効果は高いですが負担も大きい治療です。特定のタンパク質だけを限定して攻撃する、比較的副作用の少ない「分子標的薬」も複数使用されています。現在、さまざまな抗がん剤や分子標的薬が医学的に効果があると証明され、乳がん治療に使用されています。

乳がんの標準治療は、がんの性状や患者さんの状態に合わせて、これらの治療を組み合わせて行います。日本の乳がんの標準治療は年々進歩しています。我々は乳がん治療について患者さんに正しく理解していただき、より効果の高い治療を選択していただけるよう日々邁進しています。

4月

市立病院 整形外科 伊坪敏郎 医師

子どものスポーツ障害予防について

ちまたでは、ダイエットや肥満治療の目的で、さまざまな運動、スポーツの話題があふれています。「最近太ってきたから運動しないといけないな」と思っている方も多いでしょう。でも待ってください。本来スポーツは楽しむものであり、嫌々するものではないですよね?子どもの頃はスポーツすることが楽しくて、夢中になってした記憶がある方が多いと思います。

そんなスポーツをしていて、どこかが痛い、ましてや後遺症を残すようなことは、決してあってはなりません。もちろん子どもたちのスポーツでは、勝つ喜び、負ける悔しさを感じることは大事だと思います。しかし、いわゆる「勝利至上主義」といわれる子どもの体や成長を無視したスポーツ活動は、最近徐々に問題視されるようになってきました。高校野球でいえば、甲子園の過密スケジュールや、投手の投げ過ぎ問題についても、改善策が始まろうとしています。

どこか痛ければ病院に行けばよい、といった単純な問題ではありません。子どもたちの中には、痛くても指導者や保護者にそれを伝えない子どもは多々います。指導者や保護者が怖かったり、レギュラーになるためであったりと、理由はさまざまです。

昨今、子どもたちのスポーツ障害を予防する事業が全国各地で始まっています。これらは医療者、指導者、保護者など、大人が子どもたちの身体を守るために立ち上げた取り組みです。ぜひ皆さんも、子どもたちの体のちょっとした変化に目を向け、障害予防につなげていきましょう。未来を担う子どもたちのスポーツ障害は、大人たちの考え方や取り組みで予防できるのです。

5月

市立病院 形成外科 平沢千尋 医師

乳房再建をご存じですか

乳がんが、女性のがんの中で最多となり、乳がんや乳房再建についてメディアで取り上げられる機会が増えてきています。

「乳房再建術」とは、字のごとく、乳がんなどで切除してしまった乳房をもう一度作る手術です。乳房のふくらみを作るため、自分の筋肉や脂肪を移植する再建術と、シリコンを使った再建術が健康保険で認められています。

自分の筋肉や脂肪を使う手術も、シリコンを使う手術も、それぞれに利点・欠点があります。自分の体の一部を使うと柔らかく温かい胸ができますが、胸以外の部位に大きな傷が残ります。シリコンを使う場合は他部位に傷はできませんが、乳腺切除と同時のシリコン挿入はダメージが大きいため、何回かの手術が必要になります。また、患者さまの体格や生活様式によっても向き不向きがありますので、十分に診察と説明を行い、納得いただいてからの手術となります。

どちらの方法にしても、まずは乳がん治療が優先されます。乳がん手術との同時再建は、再建しても乳がん治療に影響がないと判断された方が対象になります。乳がんの治療が一段落した後、改めて乳房を作る二次再建も可能です。

乳房再建をする・しないの選択は、患者さまそれぞれの考え方や生き方によってご自分で決めていただくもので、どちらが良い悪いというものではありません。ですが、体の傷跡や変形に対する苦しみというものは、周囲が思う以上に精神的負担をもたらしていることがあります。もし、あなたやあなたの身近な方が、乳房を失うこと、失ってしまったことに心を痛めていらっしゃったら、再建について考えてみることができるかもしれません。乳腺外科・形成外科にご相談ください。