オプトアウト

オプトアウトについて

通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。
臨床研究のうち、患者様への侵襲や介入がなく、診療情報等の情報のみを用いる研究、余った検体のみを用いる研究は、国が定めた指針「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、対象となる全員の患者様から個別に、直接同意を得ることはしておりません。研究に関する情報を公開し、さらに拒否の機会を保証することが必要とされております。これを「オプトアウト」といいます。

オプトアウトを行っている臨床研究は以下の通りです。研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

 

部 門 研究課題名
消化器内科

消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査

産婦人科 当院における高齢妊娠症例の後方視的検討
循環器内科・心臓血管内科

我が国における心臓植込み型デバイス治療の登録調査について

ーNew Japan Cardiac Device Treatment Registry (New JCDTR)ー

小児科

サイトメガロウイルス感染症の新生児・乳児例に対する抗ウイルス療法における副作用の頻度およびTherapeutic Drug Monitoring実施時の至適採血回数についての後方視的検討

消化器内科・内視鏡センター 消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築(多施設共同 前向き観察研究)