呼吸器内科

呼吸器内科のご案内

特色

呼吸器内科は肺、胸膜などに関わる疾患の診断と治療を行う診療科です。呼吸器内科の常勤医は長らく不在でしたが、2017年4月より1名の常勤医師が信州大学第一内科より派遣されました。また、週2回の非常勤医による外来診療(月・水)を行っています。

呼吸器内科の対象疾患は肺癌、結核、間質性肺炎、気管支喘息、COPDなどですが、当科は1名体制であるため、すべての呼吸器診療に対応することができません。信州大学医学部附属病院(以下、信大病院)との連携で診療を行っています。肺癌の抗癌剤治療は原則的に信大病院で受けていただいています。当科の入院診療は間質性肺炎や肺癌の患者様で信大病院で治療を受けることが困難な患者様、あるいは安定期の患者様を対象としています。診療は病名告知を原則とし、インフォームドコンセント、セカンドオピニオンを推進しています。

外来は完全予約制です。マンパワー不足のため、慢性咳漱や気管支喘息、COPDなど外来で対応が可能な症例は他の内科医師に対応をお願いしております。あるいは、呼吸器を専門とする開業医の先生方の受診をお願いしています。検査はPET-CTや肺機能検査などの他に、気管支鏡検査などを可能な範囲内で行っております。当院で対応が難しい症例は信大病院に紹介しています。

担当医師のご紹介

  • 西江 健一 ニシエ ケンイチ
    役職
    呼吸器内科副部長
    卒業年
    平成17年
    専門領域
    呼吸器疾患一般
    専門医等
    日本内科学会認定医・専門医・指導医
    日本呼吸器学会専門医
    日本医師会認定産業医
    がん治療認定医
    所属学会
    日本内科学会
    日本呼吸器学会
    日本臨床腫瘍学会
    日本感染症学会
  • 正村 寿山 ショウムラ トシタカ
    役職
    呼吸器内科医師