病理診断科・臨床検査科

病理診断科・臨床検査科のご案内

特色・対象疾患

適切な診断や治療のためには、病変部位から採取された組織や細胞の形態学のみならず、疾患によっては遺伝子/染色体情報に基づいた病理診断が必要になっています。
ほとんどすべての臨床各科から提出された、病変部位からの検体が検査対象になります。

病理診断

具体的には以下のような検査を行っています。

  • 細胞診断(腫瘍性病変の穿刺や体腔液材料の良性、悪性の診断や病変の質的診断を行う)
  • 内視鏡検査材料などの生検材料組織診断(良性、悪性の診断や病変の質的診断を行う)
  • 手術で摘出された臓器、組織診断(手術材料の病理組織学的評価を行う)
  • 手術中の迅速診断(術中に切除範囲の評価や病変の質的診断を行う)
  • 病理解剖(主病変の広がりや関連病変の評価を行って、死因の解明を目指す)
  • 血液系腫瘍や軟部腫膓に対して必要と判断した場合に、遺伝子/染色体検査を追加して行う

当院では、病理検査技師の協力のもとに、診断に必要な免疫染色、蛍光抗体染色、乳がんのリンパ節転移評価のためのOSNA法、造血器系腫瘍のFlowcytometryや染色体/FISH検査などを積極的に行っています。
また、信州大学や関連病院との相互通信によるvirtualslide(※)を利用した遠隔診断を進めており、地理的なハンディを克服しています。
さらに、難解症例に対しては、それぞれの臓器の専門家にコンサルテーションを行って、正確な診断を目指しています。
(※)virtualslide:スライドの画像情報全体を電子化したもので、遠隔コンサルテーションや電子カルテとの連携、カンファランス、研究など種々の運用例がある。

診療実績
組織診 約 3,500件/年
細胞診 約 6,000件/年
迅速組織診 約 250件/年
病理解剖 約 5~10件/年

担当医師のご紹介

  • 佐野 健司 サノ ケンジ
    役職
    診療技幹 兼
    病理診断科部長
    卒業年
    昭和59年
    専門領域
    病理診断
    専門医等
    日本病理学会専門医
    日本臨床細胞学会指導医
    所属学会
    日本病理学会
    日本臨床細胞学会
    日本臨床検査医学会
  • 松原 直樹 マツバラ ナオキ
    役職
    臨床検査科副部長
    卒業年
    平成9年
    専門領域
    臨床検査一般
    専門医等
    日本産科婦人科学会専門医
    周産期(母体・胎児)専門医
    日医認定産業医
    新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
    ALSOインストラクター
    J-MELSベーシック・インストラクター
    所属学会
    日本産科婦人科学会
    日本産婦人科医会
    日本周産期・新生児医学会
    日本臨床検査医学会