診療技術部について

診療技術部長 挨拶

d3011-225x300
 診療技術部は、診療と看護の双方を技術的に支える部です。部内には、薬剤科、放射線技術科、臨床検査科、リハビリテーション科、栄養科、臨床工学科があり、国家資格を有した職員が配置されております。

 それぞれの部門では、進歩し続ける最新の医療技術及び技能を習得し、医師をはじめ医療スタッフに適切な情報や技術を伝え、患者様に良質な医療を提供できるよう研鑽しております。また、チーム医療の分野にも積極的に参加し、多くの患者様のニーズに応えられるよう努力するとともに、医療の安全性の向上に努めております。

診療技術部長 原田聡昭

基本理念

私たちは、地域の皆さんの健康を支えるため、最適な医療技術を提供します。

基本方針

  1. 私たちは、患者さんに信頼される医療を行うために、適切な医療技術を提供します。
  2. 私たちは、人権を尊重し、患者さんに安心してもらえる良質な医療技術を提供します。
  3. 私たちは、中核病院の診療技術部職員として、地域の医療従事者と密接に連携し、けん引役として努力します。
  4. 私たちは、各科を超えて切磋琢磨し、医療技術水準の向上と、人間性豊かな医療人の育成に努めます。
  5. 私たちは、公共性と経済性を考慮し、健全な経営が行われるよう、業務に努めます。

診療技術部の体制
薬剤科 調剤部門/病棟業務部門/医薬品情報部門/注射管理部門
放射線技術科 RI・PET部門/一般撮影部門/MR・エコー部門
CT・エコー部門/放射線治療部門
臨床検査科 病理検査部門/生理検査部門/検体検査部門
リハビリテーション科 理学療法部部門/作業療法部門/言語聴覚部門
視能訓練部門/歯科衛生部門/臨床心理部門
栄養科 給食管理部門/栄養管理部門
臨床工学科 医療機器管理業務/血液浄化管理/手術管理
高気圧酸素療法管理/集中治療管理