がん診療・緩和ケアセンター

飯田市立病院は地域がん診療連携拠点病院として、がん診療や緩和ケアを統括して行い、地域におけるがん治療の質の向上と連携をはかっていく医療機関です。
がん診療・緩和ケアセンターは外来診察室3部屋〔緩和ケア内科(月・水・金)・腫瘍内科(水・金)・化学療法患者の診察室〕、外来化学療法室20床、がん相談支援センター、緩和ケアサロンで構成され、がん治療や患者・家族のサポート、地域との連携を目標としています。