がん診療連携拠点病院

飯田市立病院は「地域がん診療連携拠点病院」です

飯田市立病院は、全国どこでも質の高いがん医療を受けられるように二次医療圏に1か所「がん診療連携拠点病院」を設置するという厚生労働省の方針のもと、平成19年1月に「がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。
「がん診療連携拠点病院」の指定により、当院の使命もいっそう高まり、飯伊地区の中核病院として、安全かつ高度ながん医療を提供すべく、さらなるがん医療の充実をはかってまいります。

がん診療連携拠点病院が行う事業

  1. 診療機能
    1. 集学的治療及び標準的治療等の提供
    2. 手術療法の提供
    3. 放射線治療の提供
    4. 化学療法の提供
    5. 緩和ケアの提供
    6. 病病連携・病診連携
    7. セカンドオピニオンの提示
  2. 診療従事者
    1. 専門的な知識及び技能を有する医師の配置
    2. 専門的な知識及び技能を有する医師以外の診療従事者の配置
  3. 医療施設
    1. 専門的ながん医療を提供するための治療機器及び治療室等の設置
    2. 敷地内禁煙等
  4. 診療実績(次の1または2を概ね満たす)
    1. ・院内がん登録数           年間 500件以上
      ・悪性腫瘍の手術件数        年間 400件以上
      ・がんに係る化学療法のべ患者数 年間1000人以上
      ・放射線治療のべ患者数       年間 200人以上
    2. 2次医療圏に居住するがん患者さんの内2割程度の診療実績
  5. 研修の実施
    1. がん医療に携わる医師を対象とした緩和ケアの研修会の開催
    2. 地域の医療機関等の診療従事者も参加する合同のカンファレンスの開催
    3. 看護師を対象としたがん看護に関する総合的な研修の開催
  6. 情報の収集提供
    1. がん相談支援センターの運営
    2. 院内がん登録の実施
  7. 臨床研究・調査研究
    1. 政策的公衆衛生的に必要性の高い調査研究への協力体制の整備

がん診療連携拠点病院の整備に関する国の指針

▶ 国の指針(厚生労働省)はこちらをご覧ください