薬剤科

基本理念/方針

基本理念
 患者さんの立場に立って、医療チームにおける薬剤師の役割を積極的に果たします。そして「医薬品の適正使用」と「医薬品の適正管理」を常に念頭において取り組みます。

基本方針

  1. 医療における「インフォームドコンセント」に対して薬剤師の立場から積極的に参加します。
  2. 薬剤管理指導の充実を図ります。
  3. 癌化学療法に対し薬剤師として積極的に参加します。
  4. 効率業務運用と経営管理への意識改革、リスクマネージメントを常に意識します。
  5. 自己研鑽に努めます。

患者さんへお伝えしたいこと

【入院患者様の持参薬について】
 当院では入院される際に持参薬を薬局にて確認させていただいております。
持参薬とは患者さんが入院時に持ち込まれる普段お使いになっている薬(飲み薬、点眼薬、貼り薬、注射など)のことです。

 持参薬を確認する際には以下のことをチェックします。

  • 持参薬とこれから治療のために処方される薬との相互作用
  • 手術や内視鏡検査の前には中止となる薬があり、どの薬をいつから中止するか
  • 健康食品やサプリメントと薬の飲み合わせについて

 持参薬の情報を早く的確に把握することは、入院後の治療をより適切に行う上で、とても重要です。

業務の内容

 外来患者さんと入院患者さんに対して医薬品が適正に使用されるよう、以下の業務を行っています。

yakuzai_p1【調剤室】
 1階にある調剤室では、入院、外来の患者さんの内服、外用薬の調剤をしています。正確な調剤を行うためのシステム化により、安全な調剤方法を確立しています。
 医師が発行した処方箋について、薬の用法・用量や他剤との飲み合わせが適切であるか、患者さんの状態に合わせて処方されているかなどの内容を確認します。また、院外処方箋の処方監査も行います。
 「おくすり」の窓口では、外来の患者様へのお薬のお渡しや、薬についての情報提供もさせていただきます。
yakuzai_p2【注射管理室】
 地下1階にある注射管理室では、入院患者さんの注射薬の個別セットや、高カロリー輸液等の無菌調製などを行います。注射薬を取り扱う際には、投与量や投与経路、投与速度、配合変化等についても適正であるか確認し、安全で最適な薬剤の提供に力を入れています。また、様々な治療に対応するための特殊製剤の調製や、患者さんの薬物血中濃度を測定し、薬物動態学的な解析をもとに最適な薬用量・投与法の検討も行います。
【医薬品情報管理業務】
 医療従事者や患者さんからの医薬品に関するお問い合わせについて、迅速かつ正確な情報提供に努めております。国内だけでなく海外における医薬品情報も検索し、薬物療法の評価も行います。
yakuzai_p3【薬剤管理指導業務】
 各病棟にそれぞれ担当薬剤師が所属し、入院患者さんの薬剤管理を行います。入院当初に患者さんの服用されている薬(持参薬)、副作用歴、アレルギー歴等を確認させていただきます。入院中に使用する医薬品について、薬効や飲み方、使い方、保管方法などをご説明し、服用することに問題がないか確認します。また副作用の早期発見にも努めます。救急センター、周産期センター、そして今後稼働予定である外来化学療法室にも薬剤師が常駐し、より安心・安全な薬物療法の支援ができるよう努めます。
 医薬品についてわからないことがないか、何かお困りのことがないか、などの情報も大切にしていますので、お気軽にご相談下さい。
【がん化学療法業務】
 がん薬物療法認定薬剤師を中心に、抗がん剤の用量、投与間隔、副作用予防薬等の確認を行い、無菌的に注射剤を混合調製し、患者さんに薬の説明や副作用の対策についてお話しをしております。
【治験事務局】
 薬がヒトにおいて有効性や安全性を調べる試験を臨床試験といいます。そのうち厚生労働省に医薬品として承認を受けるために行う臨床試験を治験といいます。新しい医薬品が誕生するために、この過程はなくてはならないものです。そのために患者さんに協力をして頂くことがあり、そのお手伝いをさせて頂いております。
 治験・臨床試験に関するお問い合わせは薬剤科にお尋ね下さい。

教育体制

 薬学や医学、生命科学等に関わる科学技術の進歩は著しく、医療に貢献する薬剤師の職責に求められる薬学の知識や技能は増え、専門分化されると同時に高度化しています。薬剤師は、薬物療法を安全かつ効果的に実施する上で、また多職種医療チームの中で薬の専門家として重要な役割が求められています。このような背景から、専門性を身につけた薬剤師が、その領域で活躍するために認定の取得に挑戦しています。

有資格者

  • がん薬物療法認定薬剤師
  • 抗菌化学療法認定薬剤師
  • 妊婦授乳婦薬物療法認定薬剤師
  • 緩和薬物療法認定薬剤師
  • 小児薬物療法認定薬剤師
  • 糖尿病療養指導士
  • 感染制御認定薬剤師
  • 漢方・生薬認定薬剤師
  • 取得を目指している資格

  • 救急医療認定薬剤師
  • 医薬品情報専門薬剤師
  • 日本臨床薬理学会認定CRC
  • 栄養サポート専門薬剤師

実際に働いている人の声

 患者さんの薬歴を管理したり病棟で直接お話しをしたり、日々多くの患者さんと関わっていく中で、お薬の量や種類が減ってきて体調がよくなってきた実感があるととてもやりがいを感じます。
 また医師や看護師から問い合わせの電話をもらい、薬の規格や使い方などをアドバイスできたとき、処方設計に携われたときなど、薬剤師としての仕事のやりがいを感じます。
 病院では多職種が協力・連携して患者さんを支えます。薬剤師単独で患者さんに貢献できるのは薬を通してのみですが、チームなら複数の観点から多面的にサポートできますし、そこに参加できるのも、多職種が集まる病院薬剤師ならではの魅力です。