ICU・腎センター

腎センター

腎センターでは、血液透析や腹膜透析の導入に加え、地域の医療機関から手術、治療目的での紹介患者さんの受け入れや、治療経過の中で必要となった緊急透析、特殊透析を行っています。また、透析導入後の患者さんは地域の医療機関に紹介し、緊急患者さんを受け入れられる体制を取っています。そのため、病院間の会議を定期的に開催し、導入から維持透析へと継続的な支援を目指しています。
18台の透析機器の管理を臨床工学技士が行っています。
また、透析療法指導看護師など専門の資格を持った看護師を中心に、慢性腎不全患者さんやご家族を対象として、「腎臓病教室」を開催し、ご家族を含めた透析予防の支援を実施しています。
さらに、腎センター内への個室の確保や患者さんの更衣室の拡大などの改修工事を行い、安全な治療環境を整備しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ICU

ICUは4床です。入院中の患者さんの急変時の受け入れや予定手術,緊急手術後の集中治療管理を行っています。予定手術の術後管理で入室される患者さんに対して、入院案内動画の提供やICU看護師が入室前訪問を行います。患者さんと面識を持ち、少しでもICUの環境に適応していただけるよう、オリエンテーションを行っています。

また、入院中の患者さんが治療の過程で集中的な治療や特殊な治療が必要になった場合にも速やかに対応し、いつでも安全に治療が受けられるように準備しています。
緊張感の高い職場ですが、笑顔と気配りを忘れず、集中的な治療と看護を必要とする患者さんとご家族の精神的サポートも含めた看護を実践します。