在宅介護・訪問看護・訪問リハ

在宅介護支援センター

住み慣れた自宅や地域で安心して過ごしていただくため、介護保険サービスを利用できるように介護支援専門員として対応しています。
病院併設型の居宅介護支援事業所として、終末期・難病等医療依存度が高い利用者の方を中心にケアプランの作成・モニタリング・評価など行っています。また、医療との連携を行い、情報共有し、各サービス事業者との連絡調整を行っています。
介護のことでお困りのことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

訪問看護ステーション

病院併設型の訪問看護ステーションとして、終末期・小児・難病等、医療依存度の高い利用者を中心に、24時間安心看護システムで訪問看護を提供しています。当院の医師及びかかりつけ医との情報共有に、ism-Link(飯田下伊那診療情報連携システム)を活用し、密に連携をとっています。院内の認定看護師と連携し、質の高い訪問看護を目指しています。
在宅での利用者の自立に向けて訪問看護、訪問リハビリ(理学療法士・言語聴覚士)が連携してサービスを提供しています。
在宅生活で何かお困りのことがある方は、当ステーションへご相談ください。

訪問リハビリテーション

病院や通所施設などに、外出してリハビリテーションを受けることが難しい方に対して、理学療法士・言語聴覚士がご自宅へ訪問しリハビリテーションを行います。実際に生活している場でリハビリを行うため、生活場面を考慮したより実践的なリハビリが可能になります。
市立病院退院後にリハビリの継続が必要な場合には、院内リハビリスタッフと連携し、入院から在宅まで切れ目のないリハビリを提供しています。