病理診断科・臨床検査科

病理診断科・臨床検査科のご案内

 適切な治療の為には適切な診断が必要です。患者さんの病変部より採取された組織や細胞から診断のために顕微鏡用のガラス標本が作られます。各科からの情報を基に、この標本を観察、分析して診断するのが病理診断で、この病 理診断を専門とする医師が病理医です。病理医は患者さんを直に診察することはありませんが、病理診断を通じて、必要な治療を選択するにあたり大きな役割を果たしています。

病理診断

病理診断には以下のようなものがあります。

  • 細胞診断(良性・悪性の評価を行なう)
  • 内視鏡検査材料などの生検診断(良性・悪性の評価と疾患の本質の診断を行う)
  • 手術で摘出された臓器・組織診断(診断や手術の評価を行う)
  • 手術中の迅速診断(術中に切除範囲の評価や時には良性・悪性の判断を行なう)
  • 病理解剖(疾患の本態や問題点、あるいは死因の解明にあたる)


 昨今は医療の専門化が進んでいますが、病理医は全ての科にまたがって、いろいろな疾患の診断を しています。また、当院では検査技師の協力のもと、診断に必要な免疫染色、蛍光抗体染色、悪性リンパ腫、乳がんセンチネルリンパ節のOSNA法検査などの詳細な検査にも対応しています。
 全国的に病理医が不足している中、当院でも常勤病理医1人体制で多忙ですが、各科の要望に応えるべく努力しています。

診 療 実 績

年間検査数
組織診 約 3,500件
細胞診 約 6,000件
迅速組織診 約 250件
病理解剖 約 5~10件

担当医師のご紹介