放射線診断科

放射線診断科のご案内

画像診断

読影 CT(MD-CT)、MRI(1.5T×2台)、SPECT-CTなどを装備し、全領域の画像診断を行っています。画像データは、画像ファイリングシステムにより院内の画像サーバ内に保管され、院内各所に設置された電子カルテ上での閲覧が可能であります。読影は放射線診断専門医がモニター上で行い、読影結果はレポートシステムを介して電子カルテ上で配信しています。2006年8月より稼動を始めたPET-CTは早期胃癌を除いた全ての悪性腫瘍の病期診断や再発診断等が保険適応となっています。保険適応ではありませんが、がんのスクリーニングとしても有効であり、人間ドックとの併用をお勧めしています。

院外からの画像診断の御依頼も地域医療総合連携室を通して対応しております。

CT11,20012,99113,30414,13414,37613,986MRI3,6714,2284,4604,8734,7284,617PET-CT619531577588580519

 

IVR(インターベンショナルラジオロジー)

肝細胞癌の化学塞栓療法、転移性肝癌のリザーバー留置術、骨盤部悪性腫瘍に対する動注化学療法、子宮筋腫に対する塞栓療法、緊急対応を含めた各種臓器出血に対する止血術、肺病変等の病理診断を目的としたCTガイド下針生検等を行っています。これらの治療は、局所麻酔下に行える比較的低侵襲な治療であり、各診療科の治療選択肢の幅を拡げ、専門医が常勤する施設ならではの治療を提供しています。

原則、院内紹介のみに対応しており、院外からの依頼はお受けしておりません。

担当医師のご紹介