耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科のご案内

 現在常勤医3名の体制で診療を行っています。一般の外来診療は、月・火・木・金曜日午前中に行っています。月・水・金曜日は手術日となっています。火・木曜日の午後は予約制で内視鏡手術後の術後処置を行っています。原則、初診は紹介状持参の方のみとさせて頂いています。

対象疾患

 手術は内視鏡下副鼻腔手術(副鼻腔炎、副鼻腔真菌症、副鼻腔嚢胞、アレルギー性鼻炎、肥厚性、鼻炎など)、咽頭微細手術(声帯ポリープ、喉頭癌など)、頭頸部悪性腫瘍手術(喉頭癌、咽頭癌、副鼻腔癌、舌癌、口腔癌、耳下腺癌、顎下線癌など)、頭頸部良性腫瘍手術(耳下腺良性腫瘍、顎下線良性腫瘍、頸部腫瘍、口腔腫瘍など)、口蓋偏桃手摘出術、アデノイド切除術、鼓膜換気チューブ留置術などを行っています。慢性中耳炎や真珠腫性耳下腺炎などに対する鼓室形成術、鼓膜形成術は、月に1回信州大学耳鼻咽喉科の宇佐美教授と共に行っています。

 また、入院下に保存的治療を行う代表的な疾患としては、突発性難聴、顔面神経麻痺、内耳性めまい、急性扁桃炎、急性喉頭蓋炎などの急性感染症などがあります。

診療実績

 平成27年度の外来受診患者は延べ8,240人、1日平均34.2人でした。入院患者は296人で、平均在院日数は13.1日でした。

 伊那市、駒ヶ根市、飯田下伊那地区の病院の中で、耳鼻咽喉科常勤医のいる病院は飯田市立病院しかありません。このような状況を考えると、手術や他の入院治療を中心に行っていきたいと考えています。

担当医師のご紹介