小児科

小児科のご案内

 昭和49年の開設以来、飯田下伊那の小児医療の中心として、子どもの日常的な疾患から重症小児疾 患の治療まで、幅広く診療を続けています。小児に関係することはすべてに関わる姿勢であり、生まれたばかりの新生児(新生児科紹介参照)から、小児特有の病気を持って成長した成人まで、非常に 守備範囲が広いのも特徴です。最近よく話題となる「総合診療科」としての診療が小児科の大きな特色と考えています。

 入院に関しては、24時間365日、必ず入院していただけるように考えています。入院後、重症であっ たり、特殊な治療を必要とする場合には、県立こども病院や信州大学病院と連携して診療を行い、適 切な時期に転院を考えることもあります。小学校児童、中学校生徒の長期入院に対しては「院内学級」 を用意しており、入院中の学習の遅れが出ないように配慮しています。

 当科の特徴は「小児総合診療科」であり、ある分野に特色があるわけではありませんが、あえて言うとすれば、地域周産期母子医療センターしての新生児医療(新生児科紹介参照)と、重症心身障害児などの障害児医療が挙げられます。当地域には、重症心身障害児入院施設がない分、当院でそれにかわる医療を提供する必要があると考えています。

診 療 実 績

小児期発症の疾患全般 診療実績(新生児を除く)
入院約500~600件/年、平均入院日数約6日、転院10数件/年

4west2-300x240

innai31-300x199

担当医師のご紹介