乳腺内分泌外科

乳腺内分泌外科のご案内

乳腺外科

 乳腺外科で取り扱うのは、大部分が乳癌の治療です。近年、乳癌患者は著しく増加しており、女性の12人に1人が乳癌になるといわれています。乳癌の治療法は、画像診断の発達や、新薬の開発などにより、以前とくらべ著しく変化してきています。今や早期乳癌に対する手術方法としては、乳房温存療法が標準術式となっています。当科では1989年より早期乳癌に対して乳房温存療法を開始し、その割合は年々増加していましたが、ここ2年間はやや減少に転じております。その理由は、乳房全切除後、乳房一次再建術を行う症例が増加したことによります。一方、局所進行乳癌に対しては、術前化学療法を積極的に施行しており、治療効果が得られれば乳房温存が可能になる症例もみられます。腋窩リンパ節郭清の省略を目的としたセンチネルリンパ節生検は2004年より開始し、昨年は94例中61例(64.9%)に施行しました。最近5年間の当科における乳癌手術の内訳を表1に示します。前述の通り、形成外科の協力により、乳房切除後の乳房再建術も患者の希望に応じて行っています。これまで人工乳房を用いる再建術は自費診療となっていましたが、2013年7月にゲル充填人工乳房(ブレストインプラント)による乳がん術後の乳房再建術が保険適用となりました。しかし、保険適用の対象となるためにはいくつかの制約があり、実施施設認定を受けた医療機関のみでしか保険適用の乳房再建術を受けることができません。当院は2013年8月に施設認定を受けています。

 ここ数年来のマンモグラフィ検診の普及に伴い、腫瘤を形成しない微細石灰化病変の精査目的で受診される患者さんが増えてきました。当科では2004年よりマンモトーム生検を導入して、そのような患者さんに対応しております。マンモトーム生検とはマンモグラフィや超音波診断装置で病変を確認しながら針を差し入れ、針の側面にある吸引口から組織を採取する診断システムです。年間20から30例行っており、その内の約2から3割に早期乳癌(Stage0から1)が見つかっています。

 乳腺良性腫瘍に対する当科の治療方針としては、増大傾向のある充実性の腫瘤は原則的に摘出生検を施行しています。画像診断、穿刺吸引細胞診など補助診断を行っても、確定診断を得ることが困難な症例もまれにみられ、生検によりはじめて癌の診断が得られる症例もあります。

内分泌外科

 内分泌外科で取り扱うのは甲状腺疾患がほとんどです。甲状腺疾患の手術対象としては、おもに甲状腺癌ですが(表2)、良性結節性病変でも、腫瘤が大きく頚部の圧迫症状がみられる症例や、充実性腫瘤で癌との鑑別診断が困難な症例(濾胞性腫瘍)は手術適応としています。バセドウ病の治療に関しては、原則的には薬物療法が中心ですが、抗甲状腺剤が副作用などで服用困難な症例、抗甲状腺剤に抵抗性があり再燃を繰り返す症例、眼症状が強くまた甲状腺腫が大きい症例および癌合併例などは手術適応としております。その他、症例数は少ないですが、副甲状腺疾患(原発性および続発性副甲状腺機能亢進症)、副腎疾患(副腎皮質線腫など)の手術も行っています。

表1 最近5年間の乳房癌手術症例数

 

 
乳癌総手術数
温存手術例
センチネルリンパ節生検施行例
2011 
59
35
34
2012 
79
59
43
2013 
72
51
45
2014 
75
41
52
2015 
94
48
61

表2 最近5年間の甲状腺癌手術症例数

 
甲状腺がん手術症例
2011 
22
2012 
30
2013 
23
2014 
23
2015 
25

担当医師のご紹介