循環器内科

循環器内科のご案内

 循環器内科は、狭心症、心筋梗塞な虚血性心疾患、心筋症、心筋炎などの心筋疾患、弁膜疾患、不整脈(徐脈性、頻脈性など)、あらゆる心疾患の終末像である心不全など主に心臓に関係する疾患を対象とし診断治療を行います。また、閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患や肺高血圧症、静脈疾患なども専門とします。さらに、多くの心血管性疾患の原因となる高血圧や脂質異常症、メタボリックシンドロームなども対象とします。当院は、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会などの認定施設であり、植込み型除細動器や心臓再同期治療などの植込み資格も取得しています。また、最近のMRI対応ペースメーカー患者のMRI検査も可能な施設です。日本心臓財団やその他全国規模の循環器共同研究参加施設でもあります。

 循環器内科は、生命にかかわる疾患が多く、緊急治療(カテーテルインターベンション)や集中治療にも24時間365日対応します。血管撮影室は2室あり、いかなる場合でも緊急対応可能です。術者や患者様の被爆量の少ない最新の低線量アンギオ装置が設置されています。2013年度から血管撮影室が増設され2室となり、術者や患者さんの被ばく量の少ない最新の低線量装置が設置されています。2室となることで、いかなる場合にも完全な緊急対応が可能になったと考えています。
 
 年間入院患者数700から800人、年間カテーテル検査は500例を超え、冠動脈インターベンション(ロータブレーター含む)、末梢動脈インターベンション、肺動脈拡張術、ペースメーカー植込み術、植込み型除細動器、心不全治療としての心臓再同期治療、不整脈に対するカテーテルアブソレーション、バルーンによる弁膜症弁膜症カテーテル治療などを施行しています。心臓超音波検査、心筋シンチグラム、冠動脈CT、インピーダンス心拍出量測定など、低侵襲の検査も充実させています。
12

診療実績

最近3年間のカテーテル治療およびペースメーカー治療

2014年 2013年 2012年 2011年
総カテーテル検査治療件数 564 502 529 529
総血管内治療 224 210 200 187
冠動脈治療 191 160 155 150
うちステント 179 144 133 131
末梢動脈疾患治療 19 10 13 26
肺動脈拡張術 3 12 16
僧帽弁バルーン拡張術 1 1 1
カテーテルアブレーション 8 22 13 9
下大静脈フィルター留置 2 2 3 2
心臓電気生理学的検査 50 57 52 53
ペースメーカー 42 42 48 41
植込み型除細動器(ICD) 7 1 4 4
心臓再同期治療(CRT-P) 1 1 1
除細動器兼再同期(CRT-D) 1 2 2 2

担当医師のご紹介